読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず音楽の話を。

音楽なしではいられない

1990 Peter Gabriel

1990

確か、

初任給でこのCDを買った。

 

子供の頃に買えなかった物を買う。

文句も言われず欲しいものを買うのは

いくつになっても嬉しい。

 

 

シェイキング・ザ・トゥリー グレイテスト・ヒッツ ピーター・ガブリエル

シェイキング・ザ・トゥリー グレイテスト・ヒッツ ピーター・ガブリエル

 

 

 

ピーター・ガブリエル だと思っていたら最近は原音に近いから

ピーター・ゲイブリエル と表記するらしい。

 

 

奇妙奇天烈なステージ衣装のおじさんと知ったのは

このアルバムのライナーノーツの写真から。

 

 

 

 

こういう写真を見るとインテリな人にしか見えない。

割と二枚目ではある。

 

 


Peter Gabriel - Sledgehammer (HD version)

 

 

こういう楽しいPVを作る人なので

やっぱり普通のおじさんではないよなと納得。

 

実はピーターの脱退した後の

ジェネシスの大ヒット曲 InvisibleTouchを

全米ナンバーワンから奪還したのは

ソロになったピーターのこのスレッジハンマーである。

 

 

さて、若かりし頃、

ジェネシスの元メンバーだった彼は

スリムでロン毛の二枚目路線かと思っていたが。

 

 


Genesis (Peter Gabriel) : I Know What I Like (In Your Wardrobe) HQ

 

 

帽子を脱いだら頭頂部まで剃っていたり。

 

 


Genesis (era Peter Gabriel) - Watcher Of The Skies (live 1973)

 

 

コウモリ姿になったり、

 

 


The Many Costumes of Peter Gabriel

 

狐女になったり、

爺さんになったり、

花になったり、

宙づりになったり、

 

それはもう、やりたい放題。

レディガガと対抗できるのは彼くらいか。

 

 

そんな彼をメンバーはどう感じていたのか。

 …だから脱退?

 

フィル コリンズでやっと

バンドとしては落ち着いたのかもしれない。

 

そして近年、

多彩な才能に恵まれたピーターもフィルコリンズも

同じようなヘアスタイルに。

 

人生とは本当に皮肉なものだ。

 

 


Peter Gabriel - Red Rain

 

そんな彼も

ソロになってしばらくして、やっと落ち着いてきたのか。

 

相反してこういう音を作るので

繊細な感性も持ち合わせた人なのだろう。

 

 


Peter Gabriel - Don't Give Up (ft. Kate Bush)

 

 

人生に悲観した人たちに向けた応援歌のような歌詞。

慈しむような声のケイト ブッシュとのデュエットも

メディアに取り上げられていた。

 

このPVはまるで

「昭和枯れすすき」風の崖っぷちの様であるけれど。

 

人生もある程度の時期を越えると

思春期の悲観さとは違う、

悲観さを感じてしまうもの。

こうした歌詞にまた励まされる自分がいる。

 

 

90年代以降、寡作なイメージがあるが

まだまだ頑張ってほしい。