読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず音楽の話を。

音楽なしではいられない

1971 Janis Joplin

生きるのが不器用な人はどこにでもいる。

 

少し大人になって、自分の人生を振り返る頃、

耳に流れ込んできたのが彼女だった。

 

絞り出すような声、

まるで自分の何もかもをさらけるような声。

 

彼女の魅力はその年齢でしか、理解できなかったかも知れない。

 


ジャニス・ジョプリン サマータイム Janis Joplin Summertime

 

人に恵まれた青春を送る人もいる。

誰にも理解されない人もいる。

 

「音楽がなかったらきっと私死んじゃってたよ」

 

68年のインタビューでの発言。

 

本来のジャニスはステージでの姿とは別人の

ナイーブで臆病で自信のない人だったという。

 

強く見せている自分、

ゆるぎない自信に溢れたステージでの彼女。

自分自身とオーバーラップして彼女のことを調べる。

 


Janis Joplin - Try (just a little bit harder)

 

 

誰にも看取られず謎の突然死。

ボーカルトラックが完成しないまま発表された曲。

 


Janis Joplin - Buried Alive In The Blues (HQ) ♯5

 

片手に4ドル50セントを握りしめたまま、

ベッドとナイトテーブルの間で倒れていた。

 

ヘロインとアルコールのせいなのか、

検視では「薬物の多量摂取」と記載されていたという。

 

理解されない自分と周りの人間とのもどかしさ。

亡くなる前に参加した同窓会でも

故郷の居心地の悪さを感じたようだ。

 

自分も同窓会には参加しない。

 

伝説のロック・クィーン / ジャニス

伝説のロック・クィーン / ジャニス

 

 

コズミック・ブルースを歌う

コズミック・ブルースを歌う

 

 

ジャニスの声を聴きながら

じっくりと独りを楽しむ夜も悪くない。