読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず音楽の話を。

音楽なしではいられない

1983 Culture club

ColourであってColorではない。

 

アメリカとイギリスでの

表記の違いを知るきっかけになった一枚。

 

アナログ盤の大きさで見る

このボーイ・ジョージの妖艶な眼差しときたら。

 

このアルバムは外れ曲が見当たらない。

バンドがノリにノッていた時期だったのだろう。

彼の声を聴かなかった日はなかったほどだ。

 

 

Colour By Numbers

Colour By Numbers

 

 

 

様々なメディアで大いに取り上げられたのは、

ボーカルのボーイ・ジョージの話題性だろう。

このカバー写真だけでも

かなり突っ込みどころが満載である。

 

 

当時の自分の最初の感想としては

 

「なんて聞きやすい英語なのだろうか」という部分であった。

 

もしかしてカタカナ英語か?というくらいのわかりやすさ。

口ずさむのにも苦労することはなかった。

 

 

 


Culture Club - Karma Chameleon

 

 

邦題「カーマはきまぐれ」

 

このヘアスタイルを作るのにどれだけ手間がかかるのかと

想像したことがある。

 

いまだにこの曲をどこかで聴かれるほど

洋楽の垣根を越えて、広く世間に認知された曲だ。

 

 

このアルバムから取り上げたいのは

このバラード曲。

 

愛に生きる犠牲者は彼自身なのだろうか。

 

 


Culture Club - Victims (Video 1983)

 

 

トランプのジョーカーかと思うような衣装が面白い。

 

カルチャークラブの音の魅力は

ブラックミュージックの要素が

ふんだんに使われていることだろう。

 

 


Culture Club - Time (Clock Of The Heart)

 

アナログ日本盤のみのボーナストラックの 

Time

 

ボーカルが心地よい。

CDには未収録なのが残念!

 

 


Culture Club - Church Of The Poison Mind

 

 

単なるアイドルバンドではない。

こうした多様な音楽性が今も時代を超えて愛されるのだろう。

 

 

奇抜な衣装を好むジョージが売れ始めたこの頃は

抑え気味なファッションだったそうだ。

 

彼にとってのシンプルな女装をしていたのには理由がある。

 

 

f:id:boccifam:20161126010835j:plain

 

 

 彼好みの自分でいて、彼を繋ぎ止めたい。

 

 

 f:id:boccifam:20161126010836j:plain

 

 

バンドを結成した頃に始まったドラマー、ジョンとの恋愛は、

バンドが売れるに伴い、

ジョンから距離を置かれるようになった。

 

国籍を問わず、性別も、年齢を問わず、 

恋愛の終わりにはこうした感情が付きまとうもの。

 

売れていることで音楽活動を続けることとジョンとの関係に悩み 、

ドラッグから抜け出せなくなってしまった。

 

そして1986年、日本でのCMに起用されて間もなく、

薬物使用で逮捕された。

逮捕の影響か、途中で三蔵法師は交代している。

 

 


TAKARA CANチューハイ 純 CM 80年代

 

 

一世を風靡した美青年は全くの過去のものになっていた。

その頃の画像は多数出回っているのでご存知の通り。

 

その後も、コメンテイターやDJで活動するも

度重なるスキャンダルと体重増加で話題になるばかり。

 

音楽活動に向けてダイエットを決行。

一大決心をした彼は見事に痩せ、51歳で再稼働を始めた。

 

2016年6月。

オリジナルメンバーとカルチャークラブを再結成し来日を果たした。

 

 


18年ぶりにアルバムを発表したBoy Georgeを直撃!_Vogue Japan

 

 

日本びいきは変わっていないようである。

 

 


Boy George - Nice and Slow

 

 

現在はハスキーな男性の声質に変わり、

ハイトーンの少年声では無くなってしまったが、

新しい音楽作りに挑戦している。

 

これはこれで面白いおじさんだなと思う。

ドラッグではなく、

他にない彼の感性で音楽を探求していってほしい。