読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず音楽の話を。

音楽なしではいられない

1974 LedZeppelin

彼らの曲は今でも聴かれる曲であるし、

国を問わず、カバー人口も多い。

 

アルバム LedZeppelin Ⅳ 

 

今は販売されてないのだろうか。

初めて買ったツェッペリンである。

 

 

ロック好きなら今でもこの曲をやりたい人は多いはず。

 

 

Rock and Roll

Rock and Roll

 

 

プロレス好きならこの曲を一番に挙げるだろうか。

どの選手かどうかは探してほしい。

あまりに有名なのでここでは伏せておく。

  

 

Immigrant Song

Immigrant Song

 

 

さて、そんな彼らのバイオグラフィー

世界中で書かれているだろうし

音楽好きなら誰でも知ってるし、今更取り上げる必要もないかと。

 

もちろん、リアルタイムな彼らを知っている世代でもない。

 

洋楽と言えば映画音楽くらいしか

レコードのなかった我が家において、

下宿した高校生=お兄さん的存在の人が常にいた。

 

その年、我が家に下宿していたのは、

親戚筋の3つ上のお兄さん。

毎月レコードショップから数枚のレコードを買ってきていた。

 

その中の1枚がフィジカルグラフティだった。

 

 

フィジカル・グラフティ

フィジカル・グラフティ

 

 

1974年発売。

自主レーベルスワンソング初発売のレコード。

 

中の袋を入れ替えるとアパートの窓が入れ替わる仕組み。

昔のレコジャケは凝ったものが多かった。

紙の風合いまで凝ったものもあった。

 

CDとレコードの同時発売の時期からCDオンリーの時代に。

ジャケットの多彩さは無くなり、個性も無くなった。

 

最近こそ特典が付いたりしているが、

切り替え時期はつまらない装丁のCDが多い。

 

フィジカルグラフィティは

これまでのアルバムでお蔵入りした楽曲を集めて構成。

 

酷評された「Ⅲ」や「Ⅳ」の天国への階段の成功。

「聖なる館」の試み。

 

様々なジャンルの音楽を発表してきたおかげか

まとまりの無さとしてではなく

多彩な音楽がツェッペリンらしく聴ける。

 

 


Led zeppelin - Kashmir - Live in the UK 1975

 

 

この頃はロバート プラントの喉が不安定な時期だったと思う。

イントロを聴くと鳥肌を感じた Kashmirは今でもよく聴く。

 

若い頃のプラント。

まだ髪も短くて若干20歳なのに、この歌いっぷりは規格外。

 

ジミーペイジがボーイング奏法で弾くギターは

Kashmirとは違うゾクゾクを味わえる。

 

 

youtu.be

 

 

記憶の中のボーナムは永遠に変わらないが、

ジョーンジー、プラント、ペイジは

いいおじいちゃんになって微笑ましい。

 

また続きを書くかもしれない。