読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず音楽の話を。

音楽なしではいられない

1985 Falco

映画「アマデウス」公開と同時に

話題になって爆発的にヒット。

 

ドイツ語と英語のラップが斬新。

Falco という英語音ではない名前が印象的。

いまだに脳内で「モーツアルト」と聞けばこの歌が流れだす。

 

収録アルバムの正式名は FALCO3

 

 

ロック・ミー・アマデウス(FALCO3)

ロック・ミー・アマデウス(FALCO3)

 

 

  


Falco - Rock Me Amadeus

 

 

 音も映像もこれだけ脳内に擦り込まれるなんて。

このPVの髪の毛ボーンなウィッグが志茂田景樹を思い出す。

 

f:id:boccifam:20160815160118j:plain

 


Falco - Rock Me Amadeus (Symphonic)

 

 

オーストリアのウィーン生まれにふさわしいステージ。

交響楽団のバックが似合う。

 

この映像、晩年の彼なのではないだろうか。

というのも彼はアルコール依存の治療のために

静養を求め、ドミニカ共和国に移住していた。

 

1989年、41歳の誕生日を13日後に控えた日。

静養先のドミニカの高速道路を運転中、

大型バスが彼の乗ったパジェロに衝突。

そのまま意識が戻らず、帰らぬ人となってしまった。

 

 

スーツ姿が似合う怪しい雰囲気が漂う洗練された男

というイメージそのものだが、

 スターの虚像と実像の部分で

彼もずいぶん波乱の人生を送ったようだ。

 

 


『ROCK ME AMADEUS~ファルコ 運命に翻弄されたスーパースター』DVD予告編

 

Jeanny

 Rock Me Amadeusの前にシングルカットされたバラード。

誘拐や犯罪を思わせる倒錯的な歌詞が物議を醸し、

ラジオで全面放送禁止なんてことも。

 

それでも西ドイツで9週連続でナンバーワンに。

歌詞はともかく、曲の美しさからだろう。

 

 


Falco - Symphonic-JEANNY

 

 

最後に、

往年のスターのそっくりさんを多用して制作された曲。

Verdammt wir leben noch

「まだ生きてるよ」 という意味。

 

マレーネ ディートリッヒ、アインシュタイン博士、

エルビス プレスリー。

ジミー ヘンドリックス、

ジョン ベルーシ(ブルースブラザーズ2人とも?)、

マリリン モンロー、

ハンフリー ボガード(あまり似てないけど)

 

コーラス参加のフレディ マーキュリー。

 

まさか自分も・・・?

 

 

 


Falco - Verdammt wir leben noch

 

 

空前的な大ヒットでミュージックシーンを賑わした後も

安定した人気と音楽活動を行っていた彼。

 

2000年を迎えていたなら、どんな曲を作っていたのだろう。

 

40歳はあまりに早すぎる。