読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず音楽の話を。

音楽なしではいられない

1985 Heart

ロックに傾倒し、

激しい音楽を聴くまでは早かった。

 

 

日頃の鬱憤を晴らすには

こうした音楽が自分に必要だったのだろう。

 

 

型からはみ出さない。

 

周りに迷惑もかけない。

 

心配もかけない。

 

 

優等生ではないが、

自分のポジションは維持するタイプだった。

 

彼女たちからすれば「女だから」なんて遠慮はいらないのだ。

 

 


Heart - If Looks Could Kill (Live)

 

 

こういう曲は大音量でかけるのが醍醐味。

 

いい意味で飛ばしてくれるアンのボーカルに痺れる。

 

 

Heart

Heart

 

 

 

堂々と歌い上げるアン。

 

なんて声量と艶のある歌いっぷりなんだろうか。

これだけ歌えたら、さぞかし気持ちいいことだろう。

 

 

そして、一時期脚光を浴びながらも

80年代…商業的にかなり低迷したハートが再び浮上し、

脚光を浴びた1986年3月、全米No.1となった曲。

 

 

 


Heart - These Dreams

 

 

70年代デビュー当時からのファンからは

商業的な音作りと批判されたが、

バンドを支える二人の判断とすれば、何も間違っていないと思う。

 

全面に押し出したシンセサウンド。

シンセドラム。

時代を反映した音作り。

 

MTVで毎週、楽しみにしていた曲でもある。

 

ロディアスで美しい旋律。

美人姉妹ぶりを押し出したMVも話題に。

 

じつはこの曲のボーカルは妹のナンシー。

ハスキーな声質が楽曲に生かされている。

 

また、抑えたアンのコーラスも素晴らしい。

さすが姉妹、見事に調和している。

 

 

 


Heart - These Dreams (Live-HQ)

 

 

円熟味を増したアンとナンシーのライブでの演奏。

アコースティックなアレンジでの演奏が最近はメイン。

 

貫禄がついたアンの変貌ぶりに誰もが驚いたこの頃。

 

 

元々太りやすい体質だったそうで

デビュー時はかなり節制していたそうだ。

 

 

近年、胃のバイパス手術を行い、

昨年4月に64歳で結婚したことも影響したのか、

最近は驚くほどスリムになってきている。

 

 

f:id:boccifam:20160725232655p:plain

 

 

 ルーズなおさげ姿も。

幸せそうなので嬉しい。

 

 

さて、

 デビュー当初から、ZEPをリスペクトしている姉妹。

 

 

「ハートは女の子だからね。いいんだよ」

 

 

ロバート プラントが以前、

ハートの自身のカバーについて言及された時に答えた言葉。

 

 

最後に、

数年前、とても話題になった動画を紹介。

 


Heart - Stairway to Heaven (Live at Kennedy Center Honors) [FULL VERSION]

 

特筆すべきは、亡きジョン ボーナムの息子、

ジェイソン ボーナムがドラムを担当。

 

 

もう鳥肌もの。

本家が涙ぐむのも納得。

 

いつまでも変わらず

パワフルな姉さんたちでいてほしいものだ。