読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず音楽の話を。

音楽なしではいられない

1986 Boston

1980

夏休みの間だけの結成。

最後の日にライブ決行。

 

いま思えば

この期間で完成させるなんて無謀だったな。

 

Boston Third Stage

Amanda

 

新たな曲を提案された。

 

 


Boston - Third Stage [Full Album] 1986

 

「このバンド完璧主義者でさ。めったにアルバム出ないんだよ。

8年経ってやっと出たのがこのアルバム!いい曲だろう?」

 

ギターと共に寝起きし、ギターを溺愛する

Jimmy Page 似のギタリストNさんの提案。

 

音楽仲間から、

 

ちょっとしたツインギターくらいなら自分でやっちゃうよ。あの人は。

 

そんな彼だった。

  

この後、

都会に出てミュージシャンしてるとか。

そんな噂を耳にしたな。

 

Amanda


Boston - Amanda (video/audio edited & remastered) HQ

 

 

 これは最近の映像。

 現在も活動されている。

 

 

f:id:boccifam:20160724161453j:plain

 

 

さて、

そんな彼らの曲を各自で練習していたある日。

 

ドラマーがスティックを投げ、

黙ってスタジオを出て行ってしまった。

 

 あまりに戻ってこないので、友人が様子を見に外に出た。

 

 

「あんなドラム、オレ叩けねぇよ・・・

・・・悪いけどしばらくほっといてくれ」

 

 

悔しそうな表情に何も言えず

彼を置いてスタジオに戻ってくるしかなかったと言う。

 

「驚かせてしまったよね。ゴメン。あまり気にしないで。

うーん、もうしばらくしたら、オレが話してくるよ。

大丈夫!オレとあいつの仲だから。 心配しないで」

 

 

Nさんにそう言われても

スタジオの中で練習する気分にもならず。

友人と二人であたふたして待っていた。

 

 

半時間以上経っただろうか。

二人が戻ってきた。

 

 

「心配かけてゴメンな。せっかくだし楽しくやろう!」

 

 

社会人と高校生、

練習の時間は貴重だ。

 

残りの数週間、

夜遅くまで練習ばかりの日々だった。