読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず音楽の話を。

音楽なしではいられない

1985 Stryper

1980

洋楽好きだと紹介された数カ月後の夏休み。

友人の知り合いに音楽に誘われた。

 

 

時は80年代。

当時でも田舎では洋楽を聴く学生なんて少なかった。

 

アイドルに夢中な同級生に馴染めず、

変わり者のような扱いで過ごしていた。

 

幼少から楽器に触れる生活をしていた。

鍵盤が弾けるからと指名された。

 

暑い夏休み。

次の日から練習が始まった。

 

小さなスタジオ。

膝を突き合わせて曲決め。

 

カセットテープと手書きの歌詞カード。

 

ギターとドラマーから提案された数曲中の1曲が

このバンドの曲だった。

  

 

Soldiers Under Command

Soldiers Under Command

 

 

 全く聴いたことがなかった。

少年のような声に驚いた。

 

繊細で実に丁寧に歌う。

ボーカルは Michael Sweet。

 

Sweet の名に相応しい声。

 

 YouTubeのない時代。

当時は演奏している映像なんて見つからなかった。

CDジャケットと雑誌だけが頼り。

 

 

Stryper - Together As One +Lyrics

 

スコアがないので、コードを拾う。

 

この時にはじめて

ベースラインをきちんと聴くという作業をした。

 

ドラムの音。

ギターの音。

キーボードの音。

 

メロディーを外して聞き分ける。

 


Michael and Kyle Sweet on TBN 9-20-07 Together as One

 

比較的最近の映像。

 

他のミュージシャンの数十年後と同じく

キーを下げて歌う。

恰幅のせいか、声質も変化したよう。

 

このバンドの曲、

歌詞は聞き取りやすいが、歌うのはかなり難しい。

ボーカルも苦労していた。

 

 


Stryper - Battle Hymn of the Republic - Hino da batalha da república

 

 

彼らはクリスチャンバンドとしてデビュー。

そのためか評価を二分されたのがとても惜しい。

その頃、日本では悪魔がミサを行っていたけどね。

 

 

当時の録音もレンジが低いせいか良い音に聴こえない。

 

 

それでも久しぶりに聞くと

当時の空気を感じる、そんな一枚。